忍者ブログ

世の中には勤勉で真面目で優秀な占い師が多くいるのに、未だに占いが『怪しいモノ』と思われているのは  なぜでしょう? それは中にとんでもない『バッタもん』が多く混じっているからです。皆様一人一人の幸せの  ため、そういう『不純物』を取り除くためのご参考になれば。

   
カテゴリー「経験論」の記事一覧

こないだまで、吉本興業のあの問題がきっかけで、個人的に心を痛めるCMを

多く目にする機会がありました。これです。 

『お前、オレの飼い主ならば。オレの身体オレより管理しろ。』 

これホントそうですよ。

 

平成25年の5月下旬ですね。私は持病として心房細動持っているんですが。

それがもんのすごく悪化しまして。

もう心臓止まるかくらいの激痛を伴った痛みに苛まれていました。

その前年、平成24年9月の秋の彼岸に、捨てられていた仔ねこ4匹拾ってきまして。

代わりに11月に、私は母を家から追い出しました。

今考えるとあの頃の自分、ホントどうかしてたんですよねー。

 

そして翌年5月下旬。心臓の激痛でぐったりした私の横で。

4匹の成長した猫たちが「おい飼い主、エサはまだか?」と近寄ってくるわけです。

母を追い出し独り暮らし。そして自分は今何も動くことすらままならない。

完全なるピンチです。

「このまま猫に囲まれて死ぬのもいいかな?」なんて考えもよぎりました。

 

その後何とか、心臓の痛みの和らいできた隙を狙って病院に行き。

薬をもらってきて、どうにかこうにか落ち着き。

「これは母親を追い出したことが原因による食生活の乱れも一因である。」と

家族との相談でそういう結論になり。母をいずれ家に戻すことになり。

代わりに猫たちはどこぞに預けることに決定し。

最後までなんとかできないか、四方八方手は尽くしましたが、

結局、猫たちをやむなく保健所に預けることにしました。

もちろん「それがどういう意味を持つことなのか?」知らないはずありませんし、

今でも心に引っかかっている、私の『悔恨』の一つです。

私の命式書いておきますので。

興味のある方は鑑定して見てもいいでしょう。

(私は現在四柱八字で占う人間ですので、四柱八字しか書きませんが。)

年:壬子

月:辛亥

日:壬戌

時:庚子か辛丑

 

閑話休題。

『動物を飼う』ということは、決して簡単なものではなく。

当然にして「最後まで責任をもって面倒を見きる」のが正解だと、

自分も思います。自分には上記の悔恨があるので、なおさらそう思います。 

ですが。

これが不思議なことに。人間界ではそうではない模様です。

ある師匠が弟子を取ります。

その弟子が成長し、大きくなって。 自分の言うことを聞かなくなったり

可愛げがなくなると『破門』と言って捨てる。

これがまかり通ってるのが現状です。

何も習い事だけではなく。

上記のような理由で子どもを虐待、最悪虐待死させるケースがさかんに報道されています。

国は今ごろになって慌てて児童相談所の体勢を拡充させようとしていますが、

「やらないよりはマシ」なだけで、遅きに失しています。

ペット以前に。人間を責任持って「飼育(と今あえて表現します)できない大人」が

確実に増えているのではないでしょうか?

 

一度そういうことをした人間は、同じ過ちをまた繰り返します。

私も保健所に預けてくる際に「二度とペットを飼わない」旨の誓約書を書いてきました。

書かされるんですよ。経験したことだから言いますけど。

人間であればなおさらです。

子どもを虐待した親は、二度と子どもを産み育ててはいけない。

弟子を破門にした師匠は、二度と弟子をとってはいけない。

そう思いませんか?

なんてことはない。

責任もって最後まで子どもを、弟子を育てられない親、師匠は、

子ども、弟子を持ってはいけないんです。教育できないんだから。

破門にする前に「いい大人である弟子」と話し合いすらせずに、

自分の思い通りに育たなかった」と勝手にガッカリし、

指導のし直しなどを勝手に諦め、おまけに自分勝手なテストをし、

その結果と態度をみて一方的に破門をメールで申しつけてきた、

たかだかその程度の師匠ですよ? それはひとえに師匠以前に

人間としての「コミュニケーション能力に難あり」。

つまり コミュ障 ってことではないのですか?

コミュ障が未だに占い師として鑑定申込を受付け、別の

自分の言うことだけを素直に聞いてくれる弟子を持ちたい」とか?

あなたにはその程度の占い師としての実力と、

師匠としての指導力しかないんです。

他人を笑わせるのにも、限度ってものがありますよ?

 

ペットと人間比べるのもなんですけど。理屈はおんなじではないでしょうかね?

むしろペットより人間の方が、コミュニケーション取りやすいでしょうに。。。

 

お気に召したらポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

FC2 ブログランキング

拍手[0回]

PR

某格付け番組チックに。

「絶対アカン!占い師」を簡単に見分ける方法の第三弾。

 

それは・・・

 

 

 

「ブログ、ツイートに誤字脱字のある占い師」

絶対アカンやつです。

https://twilog.org/uranai_nago3

もはやランキングのどこまで下がってしまったかわかりませんが。

癒しのメール占い 和(なごみ)』さんのツイッターです。

 

阿部泰山流派の占い師さんにお聞きしたいのですが。

『安部泰山流』って誤字、書きますか? 死んでも書かないでしょうね。。

占い師にとっては師匠筋はとても大事です。

師匠筋を辿って行って、阿部泰山先生に辿りつく流派の人間が

『安部泰山流』なんて書くことは『師匠、師匠筋への冒涜』ですよね?

しかも。画像は八卦の画像ですし。八卦と四柱推命何も関係ないですし。

 

ブログを書いているみなさんも当然そうだと思うんですけど。

文章を書き終わったら、必ず「見直し」しませんか?

『推敲』とまではいかないでしょうけど。

誤字脱字チェックして、あったら直しますよね?

私がこの人を先生として授業を受けてた時、テキストはエクセルに手打ちの

粗末なもので、しかも全ての回の授業で必ず誤字脱字がありました。

「この人、プレビュー機能知らないんじゃないか?」くらいありました。

1ヶ所あるくらいならまだ許せるかもしれません。ただ毎回複数個所あるとか、

上記のように『金看板』の文字を間違うようでは、到底お話になりません。

「師匠筋を大事にしていない」ということは、当然弟子も

大事にできませんし、鑑定依頼者も大事にできません。

 

単なる『箔付け』なんですよね。

この人は弟子よりも鑑定依頼者よりも、ご自身の体裁が何よりも大事

自意識過剰なだけなんです。

自分が習った四柱推命は、本当は阿部泰山流でもなんでもなくて。

でもそう書いた方がなんか信憑性ありそう。だから書いてるにすぎません。

だから大事な名前を間違うのです。全てが「やっつけ仕事」なんです。

2ランクダウン。三流占い師。。。と行きたい所ですが。

この人は 阿部泰山流派のそっくりさん です。

教えている四柱推命は、阿部泰山先生とは、なんの関係もございません。

単なる我流です。鑑定依頼しても何もなりません。時間とカネのムダです。

 

追伸:この人は本当に仕事は全体的に粗末なやっつけ仕事です。

ツイッターの29分30分あたりにあがっているツイートは、全て bot

要は「全自動」であげているだけですので。

これでは丁寧な鑑定など、望めるべくもありませんよね。。

 

お気に召したらポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

FC2 ブログランキング

拍手[0回]

私はガンダム世代直撃なので。

昨夜も『ガンダムオリジン』を観ていました。

すると昨夜の劇中「恩知らずめっ!」という台詞が出てきました。

劇のどんな場面で出てきたのかは説明すると長いので端折りますが。

 

私も実はその破門された先生から「恩知らずめ!」とインターネット上で

誹謗中傷されております。四柱推命の中に『恩なき刑』というのがありましてね。

ま、それはそれで別に構わないのですが。

 

さて。では『恩とはなんぞや?』なのですよ。

 

よく言いますよね。「恩をかける」「恩を返す」「恩を仇で返す」etc.

恩とはなんなのでしょう? と。

 

みなさんは恩義をかけている時、「ああ、今オレは恩をかけてる。」

と思って恩をかけるんですかね?

コーヒー1杯おごる時でも「ああ、オレ今コイツに恩かけてるー!」

とか思うのでしょうか?

私はそんなことを考えたことは一度たりともありませんね。

たとえば、後輩に優しく接するのは私にしてみれば当たり前ですし。

熟の講師をやった経験もありますが、生徒がモノを覚えられるようにするのも、

対価として報酬をいただくわけですので、これも当然当たり前です。

だから私は「この人に今、恩をかけている」と感じる時が、ないんですよ。

「恩をもらった」と思ったことは、多分にありますけど。

 

みなさんは「コイツには恩をかけた」と思っている人、いますか?

いるとしたら。そりゃおかしいですよ。

「計算して、恩を売っている」ということになりはしませんか?

恩とは『損得勘定』なんですか?

そういう「損得勘定で人間関係全てを考えてる」ってわけですか?

 

もしもそう考えてる人がいるとしたら。

それは実にがめつく、実に自分勝手な人ですよね?

「恩を売ったから、きっとコイツはオレの言うことを聞くだろう。」

と勝手に計算し。自分の思い通りにならない、言うことを聞かないとこれまた勝手に

「この恩知らずめ!!」と罵るわけですから。実に醜い言葉だと思います。

 

私は妻帯していないので直接耳にしたことはありませんが。

ドラマなんかでよくありますよね? 妻が夫に

「私は何もかも犠牲にして、あなたにこんなに尽くしたのに!!」

でもその言葉は、何かを求めたからなのではないのですか?

純粋に、愛情のみで行動していたら。

おんなじ行動をしてても、こんな恨みがましいことは言いませんよ?

・・・と、私は思うのです。

学校でも先生は、生徒に「恩をかけてる」と思って教えませんよね?

ちゃんと給料もらってるわけですし。

したらば。占いの授業講習もそうなんではないでしょうかね?

生徒はちゃんと受講料払ってるわけです。丁稚奉公している訳ではないのです。

なのに「恩知らず!」となぜか罵られる。

いったい何が違うのだろう? といっつも不思議に思ってる次第です。

「恩をかけた」と思わなければ「恩知らずめ!」と思うこともないでしょうにねぇ。

なんで人間関係を、がめつく損得勘定にしちゃうんでしょうかねぇ?

 

お気に召したらポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

FC2 ブログランキング

拍手[0回]

今日は最初から結論を言ってしまいます。

弟子募集している占い師には、まず注意が必要ですよ。

「弟子を募集している全ての占い師が悪い占い師だ!」

という暴論は言いません。

私の経験談を聞いてほしいと思います。

 

20代の頃ですね。家の電話が鳴りまして。

受話器を取ると「楽しいイベント事などを開いているサークルの紹介なのですが...」と。

一言目で「キャッチセールスキターーー!!!」と思いました。

普段であれば体よくお断りするのですが。

ちょうど今説明会をやっており、ちょうどヒマだったので。

「キャッチセールスって、どんなものなの? 最終的に何を売る気なの?」と

ワクワクしながら呼ばれた場所まで、のこのこ出かけてみました。

私には ”絶対に断わり切れる『魔法のフレーズ』"があったから。

 

行ってみると、縦長の会議室ですかね。

パーテーションで仕切られた奥には事務スペースがありました。

最初の1時間は、サークルの活動内容等の説明でした。

 「なるほど、面白そうですね。」と。

2時間目。ようやく本音が出てきました。

「このサークルでカップルになった方も数多いんですよ。

 ですから、今この機会にダイヤを。」

 (ははーん。それかぁ。。。そう来たかぁ。。。)

まぁとりあえず煮え切らない態度で終了。

3時間目。「コレはイケる!!」と踏んだのでしょう。

露骨にサークルのアピールと、ダイヤの購入を勧めてきました。

のらりくらり。「う~ん。。。」という態度を取ります。

腹の中はもちろん決まってるんですけどね。。。

最終ラウンド。4時間目。相手は「逃すまい!」と一気に勝負に出ました。

キャッチセールスにありがちな、若いおねーちゃんを引っ込め。ある程度経験豊富

そうな「その場の責任者」らしい、ちょっとトシのいったお兄さまを投入です。

お兄さま、巧みな話術で「今がチャンスなんですよ!」と攻めてきます。

逃げる腹づもりは決まっています。小一時間ほど経過させて。最後に一言。

 

 「私、競馬を少々嗜むのですが。やっぱりよく迷うんです。

  迷って『エイヤっ!』と買った馬券で当たった試しがないんですよ。

  それから私、自分でこう決めてるんです。『迷ったら、動かない。』

  よいお話だと思うのですが、やっぱり迷いは吹っ切れませんでした。」

相手は「どこがですか?」「今を逃すともうチャンスはないんですよ?!」と

畳みかけて来るのですが。そもそも『最初から』買う気はなかったので。

冷静であれば、私はこういうことができるんです。できる人間なんです。

 

でもなんでかは知らないんですが。

四柱推命は、一度鑑定してもらって。

「勉強してみませんか?」という誘いに、乗ってしまったんですよねぇ。。。

今にして思っても、私としたことが実に迂闊でした。自分の決断ミスです。

 

酷い占い師になると。

「あなたの運勢は、今後ますます落ちて行く! 打開するためには

 占いを勉強して運気を上げていく他ない!!」と迫っていく

方もいらっしゃるそうです。こうなるともう脅迫ですよね。。。

 

「占ってもらおうかな。。。」という人間は。

軽い気持ちの方から、本当に死にそうな思いをして苦しんでる人まで様々です。

そういう『弱った蝶』が罠にかからないかな? と待ち構えてるハングリースパイダー

みたいな占い師がおります。ごくごく一部ですが。

 

私が経験的に言えるのは。

「鑑定はしてもらっても、入門は簡単にするな。」

「『チャンスは今しかない!』は、セールスの常套句。出てきたらむしろキッパリ断る。」

「どうしても踏ん切りがつかなかったら態度を保留し、信頼できる人に相談してみる。」

ことを、強くお勧めしてこの記事を終えます。

弟子を取ってらっしゃる方で、良い占い師の方も沢山いるんですけどねぇ。。。

まず、その先生との相性、フィーリングもあると思いますし。本当に厄介なのに捕まり、

入門し、勉強する、となると。鑑定をはるかに超えるダメージが残るので。

「入門して占いを勉強したい!」と思った時は、じっくりと。焦らずに。

 

お気に召したらポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

FC2 ブログランキング

拍手[0回]

絶対アカン占い師を前回紹介しましたが。

では「良い占い師」って、どんな占い師でしょう?

 

コレも「アカン」部類に入ってしまうのですが。

「おしゃべり九官鳥」には気をつけた方がいいですね。

特に対面式の占いの場合。

気づけば9割もの時間、占い師がしゃべり倒してた。。。

なんてのは、シャレにもならないです。

 

あったんですよ私も。

九星気学の授業の時間だったんですが。

講習の話の中でひょんなことから

「トロさんを結婚させなきゃイカン!」となりまして。

(筆者注:私は独身です。)

 

・・・いや、それ望んでないんですよ、私。

なので「いや、いいですよ。」と、やんわ~りと断っていたのですが。

当時の先生は、もうガソリンに火がついてしまいまして。

「これも立派な授業だ。コレがこうで、こうだから云々・・・

(※この間にも「いいですよ」と何度か繰り返してます。)

 

 トロさん、4月になったら東南の方角に引越して!!」

 

・・・いや、無理言いなさんな、と。

そんなこと言われても急にはできないし。

何より私は「結婚する気がない」そういうことは何一つも望んでないわけで。

頼んでもいないことを精一杯されても、それは「大きなお世話」でしかないわけです。

 

人間は耳が2つ、口は1つです。

なんでそうなっているのか???

 

それは「自分が1つ話したら、相手の話は2つ聞きなさい」

ということなのではないかな? と思ったり。

 

だいぶ寄り道をしてしまいましたが。

「良い占い師」の絶対条件。それは

「傾聴してくれる耳と態度を持っている占い師」だと私は思います。

 

お気に召したらポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

FC2 ブログランキング

拍手[0回]

   
Copyright ©  -- 玉石混交な占い師から『宝石』を見つける方法 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]