忍者ブログ

世の中には勤勉で真面目で優秀な占い師が多くいるのに、未だに占いが『怪しいモノ』と思われているのは  なぜでしょう? それは中にとんでもない『バッタもん』が多く混じっているからです。皆様一人一人の幸せの  ため、そういう『不純物』を取り除くためのご参考になれば。

   
『 勝ちに不思議の勝ちあり。

負けに不思議の負けなし。』

今では野村元監督の代名詞の言葉として有名ですが。

類似の言葉は割と昔からあるんです。

というか『孫子』にあるんですけどね(笑)

 

勝負事をするとしますね。まぁ 今日はちょうど最後のセンター試験 だということで。

「試験でいい点数を取れるかどうか?」 ってことでもいいでしょう。

『勝敗は時の運』大人たちは無責任に言ったりしますが。それは

「こちらの準備を十分整えた上で、勝負に向かうのが必須条件」

何の準備もせず「戦うぞー!」ではハナから勝ち目はありません。

そんなのは、縦縞のユニフォーム来てるのに、ヨコシマな考えで、テレビに呼ばれて

チヤホヤされ、ロクな練習もせず開幕を迎える、あの球団くらいで十分です(笑)

 

私は高校時代、とにかく英語を勉強しなかったもので(笑)

2年時の担任から「お前、行く大学あると思ってるのか?(笑)」と言われました。

が。1年後。クラスメイトの7~8割が受験に失敗するような、名ばかりの進学校で、

きっちりと 現役で大学合格してきました。

しかも。当時の自分の偏差値より6高い『チャレンジ校』に。

競馬に例えると「単勝万馬券の馬が大外から一気にごぼう抜き」 的な。

みんながどう思ってたかなど知りません。恐らく一緒に仲良く浪人生活。。。

なんて考えてたのかもしれないですね。でも自分はハナから

「これはそんなに分は悪くない。十分勝てる勝負。」

と思って受験してました。必然結果も「あーよかった。満足満足(笑顔)」みたいな。

 

ただ、先生方は一同驚愕してましたね。職員室が蜂の巣を突いた騒ぎだったそうです。

「(いい意味で)コイツ、やりやがった。。。」と(笑)

私に「行く大学あるのか?」とハナで笑った先生は所在を失くし。

(※おまけに卒業式の謝恩会ではわざわざ親父が

 「先生にはウチの愚息が大変熱心なご指導を受けたそうで

  その節は大変ありがとうございました。」 との『御礼参り』 が(笑))

「滑り止めは受けないのか?」と勧めた担任も、丁重にお断りしたので諦めてました。

唯一「万が一あれば・・・あるぞ。」と思ってくれてたのは、担任ではなく。

日本史の先生だけでした。

(※先生からは、史学科に進学したので卒業祝いに『日本史辞典』を頂戴しました

Wikipedia ですぐ調べられる今と違い、とても助かりました。今も大切に持ってますよ♪)

  

『孫子』から言葉を引用します。

「自分の勝ちは敵次第。敵の勝ちは自分次第。」

これがノムさんの言う「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」の

元になった言葉・・・とでも言いますか。。。

 

・・・負ける時というのは。大概にして。

「自分のミスで負けるもの」です。

敵が勝つ場合は大概、自分のミスがあって負け。

自分がミスしないでいると、相手が勝手にミスしてくれる。

それで勝利が転がり込んでくるもの。それが、ノムさんの言う

『勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。』

っていう意味に通じているのですな。

 

占い師に頼るのもいいのですが。まずはご自身の

「ミスする、失敗する(した)パターン」を洗い直し。

それを戒めとすることからでも、だいぶその後の人生変わってくるのではないかな?

と、私は思うのです。少なくとも、私はそうですけれども。

 

ポチっとしたい方はこちら。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

FC2 ブログランキング

拍手[1回]

PR
   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 玉石混交な占い師から『宝石』を見つける方法 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]