忍者ブログ

世の中には勤勉で真面目で優秀な占い師が多くいるのに、未だに占いが『怪しいモノ』と思われているのは  なぜでしょう? それは中にとんでもない『バッタもん』が多く混じっているからです。皆様一人一人の幸せの  ため、そういう『不純物』を取り除くためのご参考になれば。

   
電光一閃。妖刀の斬れ味。

たまにはまともなブログも書いておこうかな?と(笑)

(筆者注:まともでないブログを書いてる自覚あります。)

 

私は世代的にドンピシャ 『 ファミコンキッズ世代 』 なんですね。

インベーダーゲームに端を発し。大人が喫茶店で熱中していたゲームなるものが

「ファミリーコンピュータ」という名前で、家庭用ゲーム機として

とうとう子どもたちの手に渡ってしまうわけです。

さぁ子どもたちは大いに熱を上げます。私も例外ではありませんでした。

もう楽しくて見境がつかない。時間を忘れてゲームやりました。

今はもうゲームが日常にありまして。各家庭でもいろんな対策してますよね。

時間を制限するとか。宿題やってからにするとか。家庭でルールを作ったりしてね。

それでも今も家庭環境によっては十分問題でしょうけど。

この時代こそが 「子どもがゲームばっかりやっている問題」の始まりです。

 

ここで、我が家で起こった出来事を話します。また対策が周知されていない時代。

私の父は、とうとう業を煮やしました。私にゲームをやらせないように。

そのために打った一手とは? さて、一体何をしたと思いますか?

 

 

 

  

父は黙って「家のブレーカー」を落としました。

非常に斬新な発想。かつ、私ももはや手も足も出ませんでした。

 

私の父、日干が辛(かのと)なんですよね。

以前から庚(かのえ)の話は書いてましたですよね。

庚は、鍛造されてこそ庚。鍛造されてない庚は怖くないんです。

庚は格好つけばかりの張り子の虎です。 鍛造されてなければ。

http://blumenblatt.blog-sim.com/Entry/32/ (拙著:【具体例】『つけまつける』の法則)

しかし。辛はそうはいかないのです。

庚は鉱石、辛は宝石にたとえることができます。ですから庚は鍛造が必要なのですが。

辛は宝石なので、まずは 用心深い、心配性 なんですよね基本。

ところが。そういう性格でありつつ。

やる時は電光一閃、問答無用の一撃必殺です。

斬れるんです。まさに『妖刀』です。いざ実力行使に出られたら、

もう手も足も出せない場面が来るでしょう。

 

皆さんも人生の中で「あ。今一撃で斬られた。」という場面を思い出してみてください。

可能ならば、その人の生年月日を確かめ、日干見てみてください。

大抵、辛の人間でしょう。恐らくは。

 

私の元の先生は。五行でしか四柱推命を勉強しておらず。

庚も辛も、おんなじ『金の五行』でした。

ですが。庚と辛では、大きく性質、性格が異なるのです。

庚を鍛造して作られる刀は、斬れ味はさほどではないけれど

「刃こぼれしにくい刀」。

しかし。辛の刀は「宝刀」であり「妖刀」なんです。

耐久性はさほどではないけれど「斬れ味抜群の刀」なんです。

 

最近ちょっと思う所があって。

庚と辛の違い、という内容で書いてみた次第です。

くれぐれも、辛の人に刀を抜かせないよう。

宝石でもあるけれども。宝刀であり、妖刀ですからね。

お気に召したらポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

FC2 ブログランキング

拍手[0回]

PR
   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 玉石混交な占い師から『宝石』を見つける方法 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]