忍者ブログ

世の中には勤勉で真面目で優秀な占い師が多くいるのに、未だに占いが『怪しいモノ』と思われているのは  なぜでしょう? それは中にとんでもない『バッタもん』が多く混じっているからです。皆様一人一人の幸せの  ため、そういう『不純物』を取り除くためのご参考になれば。

   
破門されてから知った、驚愕の四柱推命 その1

2つ目のシリーズを作ってみようかと思いまして。

こんなタイトルで書いてみます。

テイストとしては、鉄拳さんの紙芝居ショートコント。

鉄拳さん、今では「パラパラ漫画でいい話を作る人」になっちゃいましたが。

昔はこんなネタをやってたお笑い芸人の人です。

「こんなウルトラマンは、3分持たない」的なのを。

 

私の元先生は、四柱推命を十干で観れません。

これはさすがに気づいた。「マズい。。。」と。

甲と乙が、おんなじ木。

壬と癸が、おんなじ水。

陽干だ陰干だはさすがに教えてもらいました。

 

しかし。この違い。

通変の話をするまで違いがありませんでした。

いやあ参りました。甲も乙も、単なる「五行の木」だそうで。

いえいえ。甲と乙は、全然ちゃうものです。

他もそうですな。丙と丁も。壬と癸も。

通変で。つまりは日干がたとえば私は壬なので。甲が食神で、乙が傷官になる。

ここでようやくです。甲と乙の違いが、通変を通さないとわからない。

 

・・・ということに気づいてしまいました。しかも卒業間近に。

これが私の破門された遠因の一つです。

 

私、大学では歴史を専攻してたんですけど。

元先生と私とは「秀吉と官兵衛の関係に似てる」って。こないだふと思いまして。

私が黒田官兵衛(如水)ほど頭がいい、なんては言いません。ずっとずっと下ですよ。

ただあっちも最晩年の耄碌した秀吉以下なので、あいこでしょう。

で。私は官兵衛とおんなじ失敗をしてしまいました。

 

官兵衛の人生最大の失敗は、本能寺の変の時。

知らせを受け、動揺を隠せない秀吉に対して言った言葉。

「殿、これでご武運が開けましたな!」 と。

黒田官兵衛一世一代の失敗です。

ゾッとしたでしょうね秀吉。

心の中では常に頭の片隅にはあったんだと思います。

「もしも殿(信長)が亡くなるなんてことがあったら。。。」

今まさにその時が急に来て。こっちは今まずどうしようかと動揺してるのに。

目の前の官兵衛は動揺するどころか「千載一遇の好機ですぞ!」と言ってくる。

頭の片隅でボヤーっと考えていたことを、見透かされた気持ちだったでしょう。

 

結果として。秀吉はしばらくしてのち、官兵衛を遠ざけるようになります。

知行もロクに与えませんでした。怖かったんですよね。

 

私が言った失敗はもちろん

「五行だけでなく十干で観るようにさらに進化させてみましょうよ」

まさに「余計なお世話」でしかなかったでしょう。

それから3ヶ月後。今に続く『千日戦争』が、破門という形で始まるわけですが。

ちなみに大先生(笑)は相変わらずのご様子です。

毎時30分近辺と、毎時56分近辺に、保存してある定型ツイートを bot で

垂れ流すことしかできなくなってしまった模様で。

生きてるんだか、死んでるんだか。。。もしかしたら死んでるかもしれません。

四柱推命 癒しのメール占い 和(なごみ)https://twilog.org/uranai_nago3

 

私はあれから4年して。四柱推命は四柱八字で観るようになり。

通変なんか別に観ないようになってしまったのですが。

なんか、現実を認めたくないご様子で。。。

 

お気に召したらポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

FC2 ブログランキング

拍手[0回]

PR
   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 玉石混交な占い師から『宝石』を見つける方法 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]