忍者ブログ

世の中には勤勉で真面目で優秀な占い師が多くいるのに、未だに占いが『怪しいモノ』と思われているのは  なぜでしょう? それは中にとんでもない『バッタもん』が多く混じっているからです。皆様一人一人の幸せの  ため、そういう『不純物』を取り除くためのご参考になれば。

   
ナチスドイツ?

前回のブログでお灸が効きすぎたのか?

こんなブログが。。。

 

https://blog.goo.ne.jp/aikoku/e/2dcfd283c601bbd9ac266909b0184261

https://blogmura.com/profiles/10911506/

えーっと。なになに???

>人を不幸になると脅して鑑定させようとする奴って精神疾患の被害妄想統合失調症の
>気狂い占い師です。
>この様な気狂い占い師をのさばらせてる世の中にも大いに問題がある。

>気の狂った占い師は、自分は全て正しいと信じているので、そんな出来損ないの
>気狂い占い師を再教育してもはっきり言って時間と税金の無駄。

>善良な国民を守るためにも気狂い占い師を社会から駆除する
>法律を制定するべきでしょう。

>例えば車がドライバーの意思どおりに動かなくて何度修理しても事故ばかりする
>車だったらどうしますか?
>廃車にしてスクラップでしょう。

>それと同じことを占い師にも当てはめてほしいだけなのです。

 

・・・この人が一体、どれほど感情に任せてこんな陳腐な文章を書いたのか?

書いた本人にも伝わるよう、意図して意訳してみましたが。

まぁ何かと物騒な文章ですよね。

表ではすまし顔でブログを書いてる『癒しのメール占い 和(なごみ)』さんが、

裏ではこんなこと書いている訳です。これではちっとも和みません。

 

言うまでもなく、うつ病などの精神疾患なでど苦しんでいる人も世の中大勢います。

それだけでなく。病気でなくとも親子夫婦の関係、職場関係とかの人間関係など、

さまざまな悩みを持つ人が、少しでも現状をよくしたいと、占い師の下に来るのです。

が。こういう考え方の人の下では、そういう「困っている人」を救えません。それに

>例えば車がドライバーの意思どおりに動かなくて何度修理しても事故ばかりする

>車だったらどうしますか? 廃車にしてスクラップでしょう。

 

・・・怖い例えですよね。

「自分の意思どおりに動かない」つまりは「自分の言うことを聞かない」人間は

スクラップにしていいそうです。この人の考え方では。

たとえば。

親の言うことを聞かない子どもの場合は。

年老いて子の言うことを聞かない親の場合は。

その他いろいろシチュエーションがあるでしょう。人間関係ならば。

人間関係である以上、境界線はどこにもありません。

「自分の言うことを聞かない」人間はみんな、精神疾患の被害妄想統合失調症だ。

だからスクラップにしていい。。。だなんて、そんなもん、

悩みを抱えて来た相談者に対する占い師の回答ではないですよね。

それができたら苦労はなくて。そうできないから悩んで相談しにくるわけです。

自分勝手、自己中心的、自分が一番かわいい人間は

すぐ簡単にそう言うんですよね。

 

占い師、というよりも、もはやなんぞのカルト宗教家でしょう。

こういう、ヤバい考え方を持っている人が、堂々と占い師を名乗って

世の中に跳梁跋扈しているのが現状。相談する人はよくよく選ばないといけません。

 

昨日は終戦記念日でしたが。これではナチスドイツの優生思想と一緒でしょう。

悩んで占い師の下にやってくる人というのは、「スクラップにされまいか?」と

日々怯えている側の人間の方が、圧倒的に多いのです。

今はナチスドイツや、言論弾圧下の日本ではないのですから。

もう少し言葉はお選びになった方が。

 少なくとも。己の感情に流されるままこういう文章を書く。書いてしまう。

この口調と思想では、占い師は到底やっていけませんよ?

 

お気に召したらポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

FC2 ブログランキング

拍手[0回]

PR
   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 玉石混交な占い師から『宝石』を見つける方法 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]